ドキュメンタリー『真珠の首飾り』

 

友達が被災地へボランティアに行ったまま帰ってこなくなった。

 

 

震災から数ヶ月。

 

関西では「頑張ろう日本、頑張ろう東北」という言葉が、

まるでキャッチフレーズのように溢れている。

 

でも、わたしの周りにあるのは、震災前と変わらない日常。

被災地のことは、テレビや新聞などを通してしか知ることができない。

 

 

被災地は今、どうなっているんだろう。

友達は一体何をしてるんだろう。

 

そんな疑問を持ったわたしは、友達のいる宮城県気仙沼市大島を訪れた。

 

 

友達の活動を通して見えてきた、

"復興のカタチ"、"ボランティアの在り方"。

 

そして、少しずつ前を向いて動き始めた島の人たち。

 

 

今、日本全国に伝えたい。 

 

わたしが被災地で見てきたこと。